防災・防水害のちふりや工業 サイトトピックス

酒造りとSDGs、酒蔵では酒造りとSDGsに古来より繋がるサステナブルな取り組みや知恵が活かされてきた、フレコンバッグ(フレコン)で 酒造りで出る素材の絞りかすを回収して他の事業や生産物へと活用する持続可能な社会への取り組みにおいて、フレコンスタンドのフレコンキーパーは、フレコンを1人で簡単に自立保持させ、資源の管理運用に大いに役立ちます、丁寧な衛生管理に貢献できれば、HACCPも考えたフレコン(フレコンバッグ)の運用の参考になれば幸いです、水産・農業、食品工場、飲料水工場では、生ごみ対策、食物保管や運搬、倉庫での保管に役立ちます、
#
なにがイイの?おしえてフレコンキーパー、フレコンバッグに付加価値がついてきます、フレコンキーパーはフレコンバッグを自立保持させることで、フレコンバッグにモノを最大限詰め込むことが出来、フレコンのセットも1人で簡単に行えますので、人手不足問題解消に役立ちますし、作業の効率化に繋がるので、コスト削減に役立つ為、フレコンバッグの価値が変わってきます、SDGsの取り組みとして、資源の仕分け、無駄な資源の削減、資源の再利用にもとても役立ちます
リサイクル資源仕分けでフレコンを使っての資源ゴミ仕分けでフレコンキーパーを利用してリサイクル資源仕分けが効率化でき、フレコンバッグを自立保持させるフレコンキーパーは、1人でフレコンバッグをセットすることが出来、リサイクル資源仕分け作業において、作業の効率化、作業の簡略化でリサイクル資源仕分けでのコスト削減やスマート化に繋がり、危険な作業も減るので、労災などのリスク回避にも繋がります
フレコンバッグをサポートするちふりや工業の商品で、フレコンバッグで大型土のう製作作業を助ける瞬作はNETISに登録されており公共工事や豪雨災害や土砂災害などの災害復旧工事でも活躍しており、フレコンバッグを自立保持スタンドで資源の仕分け、運搬や、保管をサポートするフレコンキーパーも提供致します、大型土のう製作治具の瞬作とフレコンバッグスタンドのフレコンキーパーはちふりや工業の知的財産です。
資源管理 食品工場ではフレコンキーパー利用して、資源管理を食品工場でスマートに行え、工場での資源管理においてフレコンバッグを自立保持して使うことが出来るフレコンスタンドのフレコンキーパーが食品工場での人手不足解消や作業効率の向上や作業の簡易化により、コストパフォーマンスの改善や労災の低下に活躍します
フレコンキーパーで大型土のう製作が出来ますが、フレコンキーパーはフレコンバッグ保持スタンドですので、フレコンバッグを利用される業種ならば土木工事現場に限らず幅広い現場で利用されます、フレコンキーパーは土のう製作を行う工事現場でも大活躍です
#
瞬作2は、大型土のう製作治具です、瞬作2 は大型土のう製作や、河川決壊・水害・ゲリラ豪雨・大雨の水害の対策の大型土嚢(土のう)製作を1個につき2人で3分程度で製作可能です、土嚢(土のう)製作は従来工法では1日50個が限度ですが、大型土嚢(土のう)製作、瞬作2ではフレコンサイズが1日で150個程度の製作が可能、大型土嚢(土のう)を吊上げ移動して楽に外す治具採用のため水害時の防災対策がスピーディーに行えます、作業人員は重機のオペレーターと袋を瞬作にセットする人員の二人で、従来工法の3倍以上の大型土嚢(土のう)の製作が可能になります
大型土のう製作 は近年頻発するの水害・ゲリラ豪雨により発生した時に大型土のう製作する作業はとても重要ですが、ちふりや工業では大型土のう製作にむけて、大型土のう製作治具瞬作2やフレコン保持スタンドとしてコンパクトで使いやすいフレコンキーパーをご提供いたしております、大型土のう製作でも人手不足対策や作業の効率化に大型土のう瞬作2やフレコンキーパーが活躍します
#
鹿児島県での酪農 フレコンキーパー導入のご紹介、鹿児島県での酪農でフレコンキーパーが使うことが出来ます、酪農ではフレコンバッグやトランスバッグを利用する事がありますが、フレコンスタンドのフレコンキーパーはフレコンバッグ(フレコン)やトランスバッグを自立保持することが容易に行え、女性1人でも安全に簡単に速くセットすることが出来ます、酪農でフレコンキーパーを使い、トランスバッグに飼料を入れたり、フレコンバッグ(フレコン)に家畜の糞を入れ堆肥にすることでバイオマス肥料で農家の有機栽培促進にも繋がる可能性を秘めています、また家畜の糞から電気を生むバイオマス発電は農林水産省も取り組もうとしており、資源の保存、移動、管理において、フレコンキーパーの人手不足解消や、作業効率向上、安全に作業が行える点でのコストパフォーマンスは物価高騰における、厳しい経済状況で酪農業をサポートできれば幸いです
#
沖縄県での酪農 フレコンキーパー導入のご紹介、沖縄県での酪農でフレコンキーパーが使うことが出来ます、酪農ではフレコンバッグやトランスバッグを利用する事がありますが、フレコンスタンドのフレコンキーパーはフレコンバッグ(フレコン)やトランスバッグを自立保持することが容易に行え、女性1人でも安全に簡単に速くセットすることが出来ます、酪農でフレコンキーパーを使い、トランスバッグに飼料を入れたり、フレコンバッグ(フレコン)に家畜の糞を入れ堆肥にすることでバイオマス肥料で農家の有機栽培促進にも繋がる可能性を秘めています、また家畜の糞から電気を生むバイオマス発電は農林水産省も取り組もうとしており、資源の保存、移動、管理において、フレコンキーパーの人手不足解消や、作業効率向上、安全に作業が行える点でのコストパフォーマンスは物価高騰における、厳しい経済状況で酪農業をサポートできれば幸いです