車両水没防止 「カーパッくん」

車両水没防止「カーパッくん」は車両を防水カバーとエアーマットで包むことにより、台風・地震・津波・洪水・ゲリラ豪雨の際の漂流物の衝突による破損を防ぎながら、車両水没を防止することを考えて開発しました。カーパッくんの防水カバーは、防水ファスナーによる完全防水機能を有しています。また、一般家庭の家財道具の水没防止にも応用が可能です。

車両水没防止「カーパッくん」特徴

特許取得製品!!
水没検証済み!!
・全体の装着時間は、エアーマットにエアーを注入(3分/1台×4台分=12分)シートの設置(大人3人で5分)約20分程度。

・防水カバーは防水ファスナーを使用し、水の侵入を防ぎます。(浮き輪タイプでは上からの水の侵入を防ぐことはできません)
・エアーマットで包むことにより漂流物からの衝撃から車両を守ります。(ビニールタイプではすぐに破けてしまう)

水没実験で3日間放置。パッキングした3tの車両が船の様に浮き水没を逃れました。

  • slide

    【セット内容】
    防水シート1式
    エアーマット12枚
    送風機4台

  • slide

    防水シートを広げ、車両を中央に入れる

  • slide

    エアーマット取付
    車両全体をエアーマットで囲みゴムバンドで固定します。

  • slide

    注水開始!!

  • slide

    水没実験で3日間放置。
    パッキングした3tの車両が船の様に浮き水没を逃れました!!

#
2020/04/02 11:24
乗用車・バイク…

カーパッくん問い合わせ先

ちふりや工業(東京オフィス) TEL&FAX 03-6339-9634

取材

HP.png 山口朝日放送「Jチャンやまぐち」
 朝日新聞「やまぐちの底力」
 テレビ新広島「そ~だったのかカンパニー」

カーパッくんのセット内容

車両水没 防止

セット内容
防水シート1式
エアーマット12枚
送風機4台

①防水カバーを広げます。
 
②車両をゆっくりとシートの真ん中に進めます。
 
③車両全体をエアーマットで囲みゴムバンドで固定します。エアーマットは電池式送風機で1個3分程度で膨らみます。エンジンや油圧ポンプなどがある部分には破損防止の為に、ボディーの下にもエアーマットを差し込むと安心です。
 
④防水カバーで車両を包み、防水ファスナーを閉めます。これで完成です。
 
 
全体の装着時間は、エアーマットにエアーを注入(3分/1台×4台分=12分)シートの設置(大人3人で5分)約20分です。

カーパッくん使用例①大型車両

  • slide

    車をカバーの上に移動させます

  • slide

    エアーマットと防水カバーで覆います

カーパッくん使用例②クラウンタイプ

  • slide

    防水シートを広げる

  • slide

    車を防水カバーの中央に移動する

  • slide

    エアーマットで漂流物や衝撃から保護します

  • slide
  • slide
  • slide

    防水カバーにより水没防止します

カーパッくん使用例③バイク

  • slide

    セット内容

  • slide

    防水カバーを広げる

  • slide

    2台パックできます

  • slide

    エアーマットで保護します

  • slide

    パック完成!!

カーパッくんは、緊急車両水没防止、一般車両水没防止、バイク、高級車の水没防止、農機具(トラクター、耕運機)の水没防止のほかにも、工場の精密機器の水没防止、一般家庭の家財道具の水没防止にも使用できます。

お問い合わせ