防災・防水害のちふりや工業 サイトトピックス

防災・防水害対策・資源ゴミ仕分・分別ごみ仕分 ちふりや工業とは、土のう作成・土のう制作技術でゲリラ豪雨・津波・水害・記録的豪雨から地域・人を守る、防水害 ちふりや工業のフレコン土のう作成・作成技術、特許技術で人の生命・財産を守る。特許に裏打ちされた、土のう作成・作成技術。また南海トラフ巨大地震から住民を守る、津波から市民を守る、ライフキャッチも特許提供中。大型土のう製作をスピードアップさせる瞬作や現場で廃棄物を仕分け・分別や放射能汚染土壌処理 フレコンキーパー、水や土砂、廃材 泥状土砂投入しても水切れが早く耐久性に優れたフレコンバッグのサンドレーンバッグ、建設現場でのひらめきから即実施できる商品を開発、販売、レンタルのちふりや工業、防災ラボ(ちふりや工業)の防災対策用品製造・販売、車両水没対策「カーパッくん」、4点吊り高機能救命胴衣「ライフキャッチ」
土嚢(土のう)・大型土嚢(大型土のう) は近年頻発するの水害・ゲリラ豪雨から人の命を守る防水害対策製品です。他社の土のう作成製品を圧倒する高機能で迅速な土のう作成が可能です。低価格で他社の同製品を圧倒するコストパフォーマンスを誇り、フレコンキーパーとの組み合わせ導入で無敵な製品となります。豪雨の中の緊急土のう作成に便利で水切れが早いサンドレーンバッグもございます。
#
㈲ちふりや工業について、知財総合支援窓口、経済産業省 中国経済産業局 中国地域知的財産戦略本部のホームページに掲載されました
#
㈲ちふりや工業が朝日新聞、山口朝日放送、テレビ新広島に取材されました。
#
危機管理産業展2019へご来場お礼、危機管理産業展2019にご来場いただきありがとうございました、東京ビッグサイト青海展示棟にて10月2日から10月4日まで開催されました、危機管理産業展2019には危機管理に多くの方々にご来場いただきました、
#
危機管理産業展2019に出展致します、危機管理産業展2019は東京ビッグサイト青海展示棟にて10月2日から10月4日まで開催します、危機管理産業展2019には危機管理に関わるさまざまな業種が出展します
#
日本では、季節の変わり目に前線が停滞し、しばしば大雨を降らせ、7月から10月にかけては日本に接近・上陸する台風が多くなり、大雨、洪水、暴風、高潮などをもたらします、険しい山や急流が多い日本では、台風や前線による大雨によって、川の氾濫や土石流、がけ崩れ、地すべりなどが発生しやすく、台風 土嚢の知識は重要です、九州北部豪雨や広島土砂災害、人々の生活や生命が脅かされるような自然災害が度々発生でも台風 土嚢を製作する経験は役立ちます、最近では短時間に狭い範囲で非常に激しく降る雨が頻発するゲリラ豪雨がよく発生します、特に宅地等の開発が進んだ都市部では、川の急激な増水が生じたり、道路や住宅の浸水、道路のアンダーパス等の地下空間の水没といった被害も発生しています、事前に災害発生を察知したとき、台風 土嚢の知識などを手際よく行うことで浸水被害を防げるかもしれません、また、雨で増水した川や田んぼを見に行って流されてしまったり、浸水した道路で側溝の境界が見えにくいために転落したりする事故も発生しています、
#
西日本豪雨という平成最悪の水害は、広島県、岡山県の被災地の爪痕がいまも記憶に新しい、西日本豪雨という平成最悪の水害は広い範囲で記録的な大雨に見舞われる、西日本豪雨という平成最悪の水害は広島県、岡山県以外の県でも記録的な降水量に見舞われた、西日本豪雨という平成最悪の水害で各地の上水道や通信といったライフラインに被害が及んだほか、交通障害が広域的に発生した
#
台風の大型土のう対策では台風の大型土のう対策に大型土のう製作機の瞬作が便利、台風の大型土のう対策を考えるなら、まずは迅速、簡単、安全の瞬作をご利用下さい、台風による土砂崩れや、河川の氾濫や決壊では大量の大型土嚢を製作する必要があり、台風の大型土のう対策での大型土のう製作はスピードと正確性が求められます、台風の災害での大型土のう対策に
#
大型土嚢 作り方(大型土のう 作り方)をご紹介、大型土嚢 作り方(大型土のう 作り方)は、土砂災害発生時における土砂災害 対策工事のなかで、重機と瞬作を使った方法での、大型土嚢 作り方(大型土のう 作り方)です、このような土砂災害 対策工事の一環で、大量の大型土嚢(大型土のう)を作る際、重機と瞬作で素早くできる大型土嚢 作り方(大型土のう 作り方)です、