防災・防水害のちふりや工業 サイトトピックス

#
水没被害・水没対策・津波対策 防災研究所(ちふりや工業)とは、水没被害・水没対策・津波対策用品を研究・開発を行っている防災ラボ(ちふりや工業)。 水害による車の被害の対策として「カーパッくん」や、防災備蓄品を水没から守る「防災パッくん」を商品化いたしました、また津波による人の命を守るライフキャッチ(ライフジャケット)などの津波対策商品も商品化を行っています
#
フレコンスタンド フレコンバック保持枠とは、フレコンバッグを自立保持させる為のスタンドのことで、フレコンバッグスタンドやフレコンキーパー、フレコン保持枠と言われることもあります、フレコンバッグのニーズは多く、フレコンスタンドの活用場所は幅広い業種で利用されていて、製造工場での資源分別での資源管理での移動・保管・廃棄の際にフレコンバックとフレコンスタンドをセットで、工事現場でのゴミの回収や仕分け作業、大型土のうを製作することもあり、産廃処理施設や産廃処理業者では回収後の資源の仕分け、運搬、管理に利用されていますし、農業においては、収穫されたお米の運搬、保管、仕分けに使われたり、牧場・農場では肥料つくりに活用されたりしていて、フレコンバッグは様々な場所で利用されるため、フレコンを自立保持させるフレコンスタンドは人手不足解消の手助けになるアイテムとして注目を集めています
#
工事現場でフレコンスタンドのフレコンキーパーがおすすめ、工事現場の資源ゴミ分別にフレコンスタンド(フレコンキーパー)が大活躍、フレコンスタンドは、工事現場での資源ゴミ仕分・工事現場分別ごみ仕分をはじめ、あらゆる用途・あらゆる業種・業態の資源ごみ分類用途で使用されています、工場・製造現場での資源ゴミの分別、水産・農業、食品工場では、生ごみ対策、住宅の解体、ビルの解体現場での資源ごみ仕分けフレコンの型崩れやへたりもありませんし、女性の方でも簡単に移動もできます
#
㈲ちふりや工業について、知財総合支援窓口、経済産業省 中国経済産業局 中国地域知的財産戦略本部のホームページに掲載されました
フレコンキーパーは弊社が開発したフレコンバック(フレコン)を自立させるフレコンスタンドです、フレコンキーパーは資源ゴミ仕分け・分別ごみ仕分けに大変役立ちます、フレコンキーパーで一度使った製品を回収し再利用することは、資源やエネルギーの節約ゴミを処理するお金の節約になるほか、ゴミが減り、環境ゴミを正しく分別しリサイクルにも大変役立ちます、フレコンキーパーは企業のイメージアップにも繋がります
#
㈲ちふりや工業が朝日新聞、山口朝日放送、テレビ新広島に取材されました。
大型土嚢(土のう)製作「瞬作」は河川決壊・水害・ゲリラ豪雨・大雨の水害の対策の大型土嚢(土のう)製作を1個につき2人かかりで3分以内で可能です。土嚢(土のう)製作は従来工法では1日50個が限度ですが、大型土嚢(土のう)製作、瞬作ではフレコンサイズが1日で150個可能です。大型土嚢(土のう)を吊上げ移動して楽に外す治具採用のため水害時の防災対策がスピーディーに行えます。作業人員は重機のオペレーターと袋を瞬作にセットする人員の二人で、従来工法の3倍以上の大型土嚢(土のう)の製作が可能になります。
フレコンキーパー 土のう製作は、防水害対策に役立つ、フレコンキーパーでの土のう製作ではバックホウなどを使い簡易的に大型土のうを作れる、フレコンキーパーで土のう製作でバックホウのオペレーター1人とフレコンバッグをセットする作業スタッフの2人だけで簡易的に大型土のうを製作できる、
土嚢(土のう)・大型土嚢(大型土のう) は近年頻発するの水害・ゲリラ豪雨から人の命を守る防水害対策製品です。他社の土のう作成製品を圧倒する高機能で迅速な土のう作成が可能です。低価格で他社の同製品を圧倒するコストパフォーマンスを誇り、フレコンキーパーとの組み合わせ導入で無敵な製品となります。豪雨の中の緊急土のう作成に便利で水切れが早いサンドレーンバッグもございます。
#
西日本豪雨という平成最悪の水害は、広島県、岡山県の被災地の爪痕がいまも記憶に新しい、西日本豪雨という平成最悪の水害は広い範囲で記録的な大雨に見舞われる、西日本豪雨という平成最悪の水害は広島県、岡山県以外の県でも記録的な降水量に見舞われた、西日本豪雨という平成最悪の水害で各地の上水道や通信といったライフラインに被害が及んだほか、交通障害が広域的に発生した